輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~

シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

シミに効果的なレーザー機をランキングしました

シミの治療に使われているレーザー機を「料金相場」「痛み」「ダウンタイム」「効果」の4項目を徹底比較し、ランキング形式で発表しています。シミの治療をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

悩みのシミ肌を輝くたまご肌へ

1位 Qスイッチルビーレーザー1位 Qスイッチルビーレーザー

1位 Qスイッチルビーレーザー

赤外線レーザーの一種で、水分に反応して熱エネルギーに変換されるという性質があります。盛り上がったシミの除去のほか、ホクロやイボ、クレーター状のニキビ痕やデリケートな唇への色素沈着にも効果を発揮します。

料金相場 1照射(4~5ミリ)1,000円~5,000円
痛み チクッとする程度の痛み
ダウンタイム テープが完全に剥がれるまでは1週間
効果 シミ消し効果No.1!と呼ばれるほど、シミに効果がある

こちらのレーザーで治療を行っているおすすめのクリニックは...

エルテ大塚クリニック

エルテ大塚クリニック

カウンセリングからアフターケアまで1人の医師が担当してくれる信頼できるクリニック。
何といっても料金が安く、HPに記載されている料金以外は一切かからないので安心して治療が受けられます。先生は形成外科出身でレーザーの腕が良いと口コミ評価が高いことでも有名なクリニックです。

2位 CO2レーザー2位 CO2レーザー

2位 CO2レーザー

日本で開発された最新式のレーザー機で、シミ・ソバカス・アザ・ホクロなど様々な治療に高い効果を発揮します。メラニン色素への吸収率がとても高く、黒色や茶色などの色素が残っているシミや色素沈着を確実に消すことができます。

料金相場 1mm 3,000~8,000円程度
痛み チクッとする程度の痛み
ダウンタイム 数日~1週間
効果 ホクロやイボなど、盛り上がった状態のシミに効果が高いと言われる

こちらのレーザーで治療を行っているおすすめのクリニックは...

シロノクリニック

シロノクリニック

レーザー治療やアンチエイジングを専門としたクリニック。

費用は少し高いですが、有名なドクターも多く、レーザー機もCO2レーザー以外も多数持っているので、選択肢が多い。美容医療から肌のスキンケアまで、お任せできるクリニックです。

3位 QスイッチヤグレーザーメドライトC63位 QスイッチヤグレーザーメドライトC6

3位 QスイッチヤグレーザーメドライトC6

シミの治療、タトゥー除去、肝斑や炎症性色素沈着の治療に効果を発揮するレーザー機。これまで治療が難しいとされてきた肝斑の治療もできる画期的なマシーンです。

料金相場 5㎜以下で 1,5000円程度
痛み 皮膚の深いところまでレーザーが入り込むので局所麻酔が必要
ダウンタイム 2週間程度でかさぶたができ、その後2~4週間は赤み
効果 赤い色に反応するので、赤みがかった色素沈着に効果があり、タトゥー除去にも向いている

こちらのレーザーで治療を行っているおすすめのクリニックは...

オザキクリニック

オザキクリニック

レーザー治療やアンチエイジングを専門としたクリニック。

切らない美容医療を中心とした、業界トップクラスの症例数を持つ美容皮膚科・美容外科クリニック。

メドライトC6を、1回60,000円(1cm×1cm程度)で行っていて、美しく年齢を重ねたい方の美容と健康をサポートしてくれます。

その他おすすめのレーザー機の一覧

Qスイッチアレキサンドレーザー

Qスイッチアレキサンドレーザー

アレキサンドライトという高価な人工宝石を使って、波長を出すレーザー。シミにも作用しますが、黒いあざには特に高い効果を発揮します。

料金相場 5㎜以下で 1,5000円程度
痛み 輪ゴムではじかれるような痛みがあり、時には局所麻酔が必要
ダウンタイム 2週間程度でかさぶたができ、その後2~4週間は赤み
効果 QスイッチヤグレーザーメドライトC6と同じく赤い色に反応するので、赤みがかった色素沈着に効果があり

E-max

E-max

光エネルギーと高周波(RF)、赤外線(IR)を組み合わせることで、シミや小じわを改善しながらリフトアップ効果も得られるメリットもある、複合的な治療機器です。

料金相場 1回20,000円~
痛み チクッとする程度な痛み
ダウンタイム 他のレーザーに比べて、ダウンタイムはほとんどない
効果 シミ、小じわ、赤ら顔の改善。リフトアップなど。

あなたはどのタイプ?!シミの種類と症状をご紹介

シミの種類と症状

老人性色素斑 過去に浴び続けてきた紫外線が原因で現れてくる、いわゆる薄茶色の一般的なシミ。日本人では、通常40歳前後に発症する人が多く、中年以後になって数や色の濃さが増していきます。
雀卵斑(ソバカス) メラノサイトという細胞が日焼けで変質することによってできるシミの一種。色白な人に多く、優性遺伝がおもな原因とされいて、幼い頃に発症する人が多いシミです。
肝斑(かんぱん) 頬骨や額、口の周りなどにできる左右対称の褐色のシミ。老人性色素斑よりも広範囲にわたっていて、輪郭がハッキリせずに薄い褐色でぼんやりと現れることが特徴です。
脂漏性角化症 "老人性イボ"とも言われる、イボのように盛り上がっているシミ。40代前後で発生する人が多く、老化現象によってできる良性腫瘍の一つとされています。老人性色素斑から変化するケースもあります。
色素沈着 ニキビや肌荒れから、褐色~黒褐色に肌の色が変化しシミになって残ってしまったもの。炎症や外傷が起こった形でシミとなって残るため、形状や色の濃さは、ニキビなどの炎症の度合いによってさまざまです。
 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~