シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » シミの図鑑~種類と原因~

シミの図鑑~種類と原因~

シミの種類と原因について調査し、さまざまなシミの種類と原因についてまとめました。

さまざまなシミについて解説

一口に「シミ」といっても色々な種類があります。
「老人性色素斑」「雀卵斑(ソバカス)」「肝斑(かんぱん)」「脂漏性角化症」「色素沈着」などが挙げられますが、何だか漢字ばかりがずらりと並び難しそうに感じます。こちらでは、シミを種類別に特徴や原因、治療法、予防方法など、分かりやすくご紹介しています。

あなたのシミはどのタイプは?!

お悩みのあなたのシミは、どのタイプですか?シミにも色々な種類があれば、原因もそれぞれなので、もちろん治療法も変わってきます。クリニックの治療でも、老人性色素斑のシミに効くレーザーや、色素沈着に効果的なレーザーなど、さまざまです。治療を始める前に、自分のシミがどんなタイプなのかきちんと知っておきましょう。

シミの種類と症状

老人性色素斑 これまでに浴び続けてきた紫外線が原因で現れてくるシミのことを言います。日本人では、通常40歳前後に発症する人が多く、中年以後にみられるシミの一種とされています。
雀卵斑(ソバカス) 色白な人に多くみられるシミの一種です。メラノサイトという細胞が日焼けで変質することよってでき、紫外線を浴び続けたりすると色が濃くなったり数が多くなったりします。
肝斑(かんぱん) 頬骨あたりや額、口の周りなどに左右対称にできる褐色のシミのことです。老人性色素斑よりも範囲が広く、輪郭がハッキリせず薄い褐色で現れることが特徴です。
脂漏性角化症 イボのように盛り上がっているシミの一種で、老人性いぼとも呼ばれます。40代前後で発生することが多く、老化現象による良性腫瘍のひとつとされています。
色素沈着 キビや肌荒れから、褐色・黒褐色に肌の色が変化しシミになってしまったものです。ニキビなどの炎症や外傷が起こった形でシミとなって残るため、形状や色は炎症の度合いによってさまざまです。
 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~