シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

色素沈着

肌の「色素沈着」の症状や原因、レーザーなどの治療法や予防方法について解説しています。

肌の「色素沈着」の症状や特徴

脂漏性角化症(老人性いぼ)

肌の「色素沈着」これも立派なシミの一種です。色素沈着の中でも、「炎症性・色素沈着」と呼ばれるものは、ニキビや肌荒れからシミへと変化してしまったもののことを指します。
ほかのシミとは違って、傷に近い症状が多く、炎症や外傷が起こった形でシミとなって残るので形はさまざまあります。色は褐色や黒褐色のケースが多く、形や色は炎症の度合いによっても変わってきます。シミには様々な種類がありますが、肌の色素沈着はおもに、こういったことが原因で年齢問わず発生します。

色素沈着の原因

一般的なシミの場合、原因の多くは紫外線によるダメージと言われていますが、色素沈着はおもに、肌のかぶれや傷、ニキビなどが原因となります。こういった炎症性の色素沈着は、一時的に表れている物と、慢性化してしまっているものがあるので、治療する際にはそれらを見分けることが必要となります。

一時性の色素沈着の場合は、やけどや外傷などの傷が完治したときに、皮膚に色素が沈着している場合をいい、この場合は放置していてもすぐに消えます。一方、慢性的な色素沈着の場合は、アトピー性皮膚炎や肌のかぶれ、ニキビが慢性的にできてしまっていることで、その部位の皮膚に徐々に色素沈着が起こり、消えないシミとなってしまっている場合のことをいいます。

こういった色素沈着も、肌のターンオーバーが正常であれば、一般的なシミと同様に徐々に消えていくのですが、老化や紫外線によるダメージ、不規則な生活習慣などでターンオーバーが滞っている場合は、後に残ってしまう可能性が高くなります。
見た目は、一般的なシミと同じでも、じつは慢性的な炎症からできてしまっている色素沈着という可能性もあるようです。

色素沈着のセルフチェック

以下の項目に当てはまる方は、色素沈着ができる可能性が高いです。

  • ニキビができやすい
  • 慢性的なアトピー肌だ
  • 少しの刺激でも肌がかぶれやすい
  • 化粧品などでよく肌荒れを起こす
  • 毛抜きや脱毛した部分、傷跡などにシミができた

治療法や予防方法

色素沈着でも、炎症性の一時的なものは、放っておいても消えていくことが多くあります。色素沈着をすぐに目立たなくしたい場合には、クリニックなどでケミカルピーリングをしてターンオーバーを促すことでかなり高い効果が期待できます。
ただし、炎症性の色素沈着の場合は、お肌がデリケートになっている時期でもあるので、必ず腕などでピーリング剤を試してから使用するようにしてください。
また、軽度の色素沈着であれば、治療に行かなくても美白化粧品で消えることもありますが、慢性化している色素沈着に悩んでいる方は、クリニックでのレーザー治療などを受けられることをおすすめします。

 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~