シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » シミの図鑑~種類と原因~ » 肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

シミの一種「肝斑(かんぱん)」の症状や特徴、原因や治療法についてまとめています。

「肝斑」の症状や特徴

肝斑(かんぱん)

「肝斑(かんぱん)」は、頬骨の周辺や額、口の周りなどに左右対称に現れるシミのことをいいます。いわゆる普通のシミ「老人性色素斑」が左右対称に出ることもまれにありますが、肝斑の場合は範囲が広くて、輪郭がハッキリせずに薄い褐色でもやっと発生します。

また、雀卵斑(ソバカス)が思春期に多く現れるのに対し、肝斑は30~40代になってから発症することが多いことも特徴。60代以上の高齢になってから発症するとことはほとんどなく、症状がみられるのは50代までといえます。有り難いことに、肝斑は歳をとるにつれて薄くなってくることもある不思議なシミでもあります。

肝斑(かんぱん) の原因

肝斑ができる原因は、女性ホルモンとの関わりが非常に深いと考えられています。肝斑はおもに、妊娠や経口避妊薬を服用したことをきっかけに発症します。また、過度なストレスを感じることによってホルモンバランスが崩れてしまい、それが引き金となって肝斑が現れることもあるそう。精神的なストレスも大きく肝斑には関係してくるので、なるべくストレスフリーな生活を心掛けると良いようです。

肝斑(かんぱん) のセルフチェック

以下の項目に当てはまる方は、肝斑ができる可能性が高いといえます。

  • 30~40代になってからシミができ始めた
  • シミが一つの点や丸ではなく、広範囲にわたっている
  • シミが頬あたりに左右対称にある
  • 目のまわりにはシミはできていない
  • ストレスが溜まることが多い生活だ
  • 妊娠・出産を経験したり、ピルを服用している

治療法や予防方法

肝斑の治療にはどんなものがあるのでしょう。肝斑の治療法としては、おもに内服薬を用いることが多いそうです。トラネキサム酸という人工的に合成されたアミノ酸成分が有効だといわれています。
トラネキサム酸は本来は医療用の抗炎症剤などとして使用されていますが、内服薬として体内に入れることで、表皮の深い部分にあるメラノサイトに効果を発揮して、肝斑を撃退してくれます。また、美容クリニックなどでは、レーザーマシーン、光治療、ケミカルピーリング、イオン導入などで治療することも効果的です。

 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~