シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » シミの図鑑~種類と原因~ » 老人性色素斑

老人性色素斑

こちらでは、シミの一種「老人性色素斑」の症状や原因、治療法や予防方法などをご紹介します。

「老人性色素斑」ってどんなシミ?

老人性色素斑

老人性色素斑は、中年以後にみられるシミの一種で、今まで浴びてきた紫外線が原因で現れてくるシミのことをいいます。
老人性色素斑の色は薄茶色が多く、その形状は、輪郭がハッキリとした円形のものや、丸には近いものの、形が定まらずにいびつなものが多いことも特徴。いわゆる一般的にシミと呼ばれるタイプのイメージのものを指します。

老人性色素斑は、紫外線を浴びるとできるタイプのシミですが、紫外線を浴びたからといってすぐに発症するものではありません。日本人では通常40歳前後に発症しやすくなるといわれていますが、肌色が白い方や、屋外で過ごす仕事をしている方などはもっと早期に出ることもあります。老人性色素斑は、発症する年齢や大きさ、数にも個人差があり、過去にどれだけ日焼けをしたか、日焼け後のケアを怠ったかなどのダメージの蓄積の度合いによっても変わってきます。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑ができる原因は、ずばり紫外線を浴びること。そのため、老人性色素斑は顔・腕・手の甲などの紫外線をよく浴びる部分にできやすいシミといわれています。

日焼けをすると、体内のメラノサイトが刺激を受けて、メラニン色素をつくりだしますが、通常は皮膚のターンオーバーによってメラニン色素が排出されて、通常の皮膚の色に戻ります。しかし、紫外線を長期的に浴びつづけた場合や、紫外線対策を怠ることでターンオーバーが部分的に滞ると、メラニンが過剰につくられて色素沈着を起こし、これが老人性色素斑となります。

老人性色素斑のセルフチェック

以下の項目に当てはまる方は、老人性色素斑ができる可能性が高いといえます。ぜひチェックしてみてください。

  • シミは丸っぽくいびつな形
  • 大きさは1cm程度のもの
  • 紫外線対策はあまりしてこなかった
  • 若い時はよく日焼けをしていた
  • マリンスポーツやテニスなど屋外のスポーツが好き
  • タバコを吸う
  • ストレスが溜まりやすい
  • 40歳を過ぎてシミできた

治療法や予防方法

老人性色素斑はほかの種類のシミに比べると比較的改善しやすいものといわれています。老人性色素斑の治療法には、ケミカルピーリング・レーザー治療・外用薬などがありますが、美容外科やクリニックなどに相談にいくと、老人性色素斑に効果が高いレーザーで治療をしてくれます。

「こんなシミ、すぐに消したい!!」という方は、美容クリニックでレーザー治療をしてもらうことをおすすめします。老人性色素斑の予防方法は、何といっても紫外線対策!夏だけでなく冬でも、室内にいても紫外線対策を欠かさないことが大切です。紫外線対策のほかにも、お肌のターンオーバーを正常に保つために生活習慣を見直したり、ストレスを溜めすぎないことも大事なポイントです。

 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~