シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » シミの図鑑~種類と原因~ » 脂漏性角化症(老人性いぼ)

脂漏性角化症(老人性いぼ)

こちらでは、脂漏性角化症の症状や原因、治療法や予防法などの知識をイラストつきで解説しています。

老人性いぼと呼ばれる脂漏性角化症って?

脂漏性角化症(老人性いぼ)

「脂漏性角化症」は、いわゆる‟老人性いぼ”と呼ばれるシミの一種です。
その異名のとおり、脂漏性角化症は、いぼのように盛り上がりを伴っているタイプのシミで、老化現象によって現れる良性腫瘍のひとつです。
脂漏性角化症は、多くの場合、40代前後で発生し始めますが、早い方は20代で発症することもあるようです。

脂漏性角化症は、顔・体・頭など、手の平と足の裏をのぞく全身どこにでも発生する可能性があり、いぼのようにザラザラとした肌ざわりが特徴です。発生した時は1~2mm程度と小さいものですが、放っておくと少しずつ大きくなります。
「老人性いぼ」と呼ばれるほかにも「老人性ゆうぜい」や「老人性イボ」などと呼ばれることもあり、老人性色素斑と一緒に発生することが多いとされています。

脂漏性角化症(老人性いぼ) の原因

脂漏性角化症が発生する原因はどんなものがあるのでしょう?脂漏性角化症が発生する原因は、遺伝的要因によるものが大半だといいます。
遺伝的要因のほかには、紫外線を浴びすぎた場合、ストレスやホルモンバランスの乱れ、摩擦による皮膚の刺激によるものなど一般的なシミと同じような要因からも発生しますが、できてしまったシミを放置し続けて、年齢を重ねることでイボのように変化してしまうケースも多くあります。

脂漏性角化症(老人性いぼ) のセルフチェック

以下の項目に当てはまる方は、脂漏性角化症(老人性いぼ) ができる可能性が高いといえます。

  • シミだと思ったものが浮いてきた
  • イボ状のシミにかゆみがある
  • ホクロのような見た目だが、指で削るとポロポロかさぶたのようにとれる

脂漏性角化症はシミに盛り上がりがあるので、セルフチェックで気づきやすいという一面もあります。気になる方は、クリニックに相談してみましょう。

治療法や予防方法

脂漏性角化症の治療は、美容クリニックでのレーザー治療がおすすめします。美容外科や皮膚科などのクリニックであれば、数ミリのものであれば、レーザーで簡単に取り除くことが可能です。
脂漏性角化症は年々大きくなっていき、数も増えていくものなので、大きさも小さく悪化してしまう前に早めに治療を受けたほうがいいです。
美容クリニックなどでは、電気焼灼や冷凍療法などを採用することもあるので、安心できる医師と相談して適切な方法で治療してもらいましょう。一つ気をつけたいのが、脂漏性角化症と思っていて、実は皮膚ガンだったというケースがまれにあるようなので、気になるいぼ状のものができたら、リスクを避けるためにも早めに診察してもらいましょう。

 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~