シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » 気になるシミをキレイに消すレーザーはどれ? » Qスイッチアレキサンドレーザー

Qスイッチアレキサンドレーザー

このページでは、Wスイッチアレキサンドレーザーの特徴やメリットを掲載しています。また、実際に治療を受けた方の経験談も集めました。

高価な人工宝石で波長を出すレーザー

Qスイッチアレキサンドレーザー

Qスイッチアレキサンドレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使い、755nm(ナノメートル)という波長を出して、メラニン色素に反応させてシミを消すレーザー治療方法です。アレキサンドライトとは、ダイヤモンドよりも高価でキャッツアイと同じような人工宝石です。

3つあるQスイッチレーザーの中で唯一、皮膚良性色素疾患治療に使われるものです。もちろん、シミにも作用しますが、黒いあざには高い効果を発揮します。Qスイッチレーザーは、対応する色で選択することも多いといわれます。ルビー、ヤグレーザーメガライトC、アレキサンドライトの3つのいずれもシミ専用のレーザーですので、シミの治療に最適なレーザー機器ではあるのですが、それでも多少の得意不得意があります。

簡単に言ってしまうと、ルビーレーザーは茶色に強く、ヤグレーザーは赤、アレキサンドライトは青あざなどの黒色に強いといわれます。とはいえ、どのレーザーが適しているのかは色だけで決めるのではなく、症状や波長によっても変わってきますので、専門家の意見を参考に選びましょう。

シミだけではなく消えない青あざにも効果的

料金相場 直径1センチ:10,000円程度
痛み 輪ゴムで弾かれたような痛み
ダウンタイム テープが完全に剥がれるまでは1~2週間
効果 手の甲や背中のシミに最適と言われ、シミ消しはもちろん、医療用としても多く使われています。
メリット レーザー治療した後の炎症の色素沈着がもっとも軽いと言われます。
デメリット 施術後に適切なケアをしないと、炎症を起こしてしまいます。

口コミ・評判

顔のシミが気になっていて、シミ用の美容液など色々試していましたが変わらないので、思い切って相談させてもらいました。現状を聞いていただき、今の状態に合った施術を提案してもらいました。その際のデメリットもきちんと説明した上でどうするか聞かれたので、メリットだけの説明より信頼が出来ました。
予想より痛く、ピリピリ感が半日は続いていましたが、あっという間に施術は終わりました。施術後から丸い肌色のテープを7日貼ったまま過ごし、7日後に経過をみてもらいました。今のところ、かさぶたになってきているようですが、あと7日テープを貼っておくよう言われました。今は元より濃いシミの色ですが、剥がれれば薄くなっていくようなので、楽しみにしています。
痛みは、痛かったですが我慢できる範囲でした。施術後30分~45分は顔がヒリヒリしていました。施術後1週間で綺麗にかさぶたがとれ、今は少し赤みがでてシミ跡が少しわかる程度です。
診察で次回3週後くらい経過を見て黒くなったりするようであれば薬などで治療しましょうとのことでしたが、その期間に黒くなったらどうしたらいいのですかなど不安箇所を先生に相談したところ、次回診察までの飲み薬と塗り薬を処方してもらえました。3週間後が楽しみです。
 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~