シミを徹底的に消すために、本当に効果が高いレーザーは?!

HOME » 気になるシミをキレイに消すレーザーはどれ? » QスイッチヤグレーザーメドライトC6

QスイッチヤグレーザーメドライトC6

このページでは、QスイッチヤグレーザーメドライトC6の特徴をまとめました。実際に治療を受けた方の口コミもご紹介しています。

均一にエネルギーを照射できるヤグレーザー

QスイッチヤグレーザーメドライトC6

QスイッチヤグレーザーメグライトC6は、シミの治療はもちろん、タトゥー除去、肝斑や炎症性色素沈着の治療にも使われます。このレーザーは2種類の波長を持っているので、これまで治療が難しかった肝斑も悪化させることなく治療することができるのです。

2つの波長は、それぞれに効果が変わります。532nmの波長は、メラニン色素のほかに、ヘモグロビンの赤い色素にも反応するので、赤いアザに効きやすいと言われます。
もう一つの長い波長は1064nm。これは、肌の色が濃い人にも照射でき、一番深い組織へ到達するので深在性疾患の治療にも使われます。

ヤグレーザーは、なんといっても2種類の波長が特徴です。これは、ルビー、アレキサンドにはありません。また、赤い色に反応するというのもヤグレーザーならでは。 自分のお肌の状態や症状に合わせて選びましょう。

頑固なシミや赤みの除去にも効果的

料金相場 5㎜以下で15,000円程度
痛み 短い波長は他のレーザーと痛みは変わりません。
長い波長は、皮膚の深いところまでレーザーが入り込むので、時には局所麻酔が必要なこともあります。
ダウンタイム 2週間くらいでかさぶたができ、その後2~4週間は赤みが残ります。絆創膏やガーゼで保護する必要があります。ただし、メイクは治療直後から可能です。
効果 赤い色に反応するので、赤みがかった色素沈着に効果があります。また、タトゥー除去にも向いています。
メリット 2種類の波長が備えられているので、症状に合わせて波長を変更できます。
デメリット レーザーを照射した後は、とてもデリケートな肌質になっているので、紫外線対策をしっかり行わないとすぐに別のシミができてしまいます。また、ヤグレーザーは一度では治療が終わらないこともあるので、長い目で治療を行うのがいいです。

口コミ・評判

スイッチYAGレーザーを用いてシミの部分だけを焼きました。レーザーを使ったあとはハイドロキノンと日焼け止めとローションを処方され使いました。焼いた部分がかさぶたになり、はがれたらまた受診して終了です。さすがレーザー。シミは確実にとれました。レーザーを使うとあまり長い時間をかけずに確実にシミが取れるのがいいところだと思います。
顔のシミが気になっていて、意を決して治療しようと思いました。施術は5分程度だと思います。麻酔は使わなかったので痛みは多少ありましたが、全然我慢できるものでした。4つレーザーでとったのですが、2つはもうすでに目立たなくなりました。もう2つもカサブタはとれて赤みはありますが、前のシミの濃さはなく嬉しいです。

 

 
輝くたまご肌へ~シミのレーザー治療を徹底比較~